逆援助はホストなどとは違います

僕が逆援助をしてもらっていることを友人らに話をすると、必ずホストのようなものだと言われます。
しかしホストよりも僕の立場の方が断然いいと思います。
だって僕はいたって普通のサラリーマンで、毎日会社に通っているのです。
ホストのようにお酒を飲んで、女性を楽しませる技術もありませんしイケメンでもありません。
なのに今の彼女は僕に毎月お金をくれます。
その代わり、彼女を彼女の気が済むまで抱いてあげているのです。
ホストは他のホストとの競争もありますし、駆け引きなどのテクニックも必要ですよね。
僕は単に彼女の好む男性になって、肉体を満足させるだけで報酬がもらえるのですから楽と言えば楽なのです。
面倒な駆け引きなんてありません。
ただ、関係を長く続けるのに必要なのは彼女を飽きさせないことだけなのです。
だからと言ってではありませんが、一応半年前の僕よりも今の僕にはセックスのテクニックが多く備わっています。
彼女も僕のテクニックを毎回経験することで、ほめてくれます。
「貴方に喜んでもらいたい」この一言を言えば、嬉しそうに笑う彼女。
僕よりも10歳年上ではありますが、本当に綺麗な女性なのです。
スタイルも良くて、どうして彼女のような素敵な女性が逆援助をしているのか理解できないところもありますが、お互いがこれで満足しているのでいいのです。
僕はいつも彼女に対して、愛しているとか好きということは言いません。
ただ、喜ぶ顔が見たいとか気持ちよくさせるのが僕の喜びだということを伝えています。
恋愛感情を出さないことで、逆援助しやすいと考えていますし女性が言ってもらって嬉しいと思われることをたくさん言うだけで喜んでくれるので助かります。
それでいてお小遣いまでもらえるのだからホストよりも、かなりいいのではないかと思います。
セックスだけの関係になりがちですが、時にはドライブしたり映画を見たりしているので良い気分転換になっています。
これからも彼女が飽きるまでは続けていきたと思います。